テーマ:

ゼロの使い魔14 水都市の聖女 ヤマグチノボル著 MF文庫J

読書感想文が続きますが、今回も読書感想文です。 今回紹介するのは『ゼロの使い魔14 水都市の聖女 ヤマグチノボル著』です。 では恒例のシリーズ紹介から^^ ←ランキング応援お願いします。 シリーズ紹介 魔法使いが貴族という設定の別世界でのお話。 ここの世界では、水・土・風・火などの色々な系統を使う魔法使いがいる…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

レンタルマギカ 魔法使いの記憶 三田誠著 角川スニーカー文庫

レンタルマギカ 魔法使いの記憶 三田誠著です。 実はこの本前回紹介した『ありし日の魔法使い』の前に刊行されていたものです。 完全に発売を見逃していたため、今頃の紹介となりました。 ←ランキング応援お願いします。 レンタルマギカ記事 レンタルマギカ 妖都の魔法使い レンタルマギカ ありし日の魔法使い 魔…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

レイン 6 大戦勃発 吉野匠著 発行 アルファポリス 発売 星雲社・・・読書感想文紹介

『レイン 6 大戦勃発 吉野匠著 発行 アルファポリス 発売 星雲社』を紹介します。 出版社の名前がないのは、この小説の発売のされ方が特殊だからです。 ←ランキング応援お願いします。 アルファポリスって?? 実はこの小説、インターネットから生まれた小説です。 アルファポリスというサイトで色々な人が小説や詩などを投稿し…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

ウェスタディアの双星 真逆の英雄登場の章 小河正岳著 電撃文庫・・・読書感想文紹介

久しぶりの読書感想文です。 実は5冊ほど読んでいるのですがなかなか公開することが出来ず今日に至りました。 そんな中今日はウェスタディアの双星 真逆の英雄登場の章 小河正岳著 電撃文庫を紹介します。 ←ランキング応援お願いします。 購入のきっかけ 東京出張の際、イトーヨーカ堂の本屋で物色していて見つけました。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

グインサーガ120巻 旅立つマリニア 栗本薫著 ハヤカワ文庫・・・読書感想文紹介

今回はグインサーガ120巻 旅立つマリニア 栗本薫著の紹介です。 ついに120巻目を迎えたグインサーガ、1巻を出してから29年の歳月が流れたそうです。 間違いなく世界最長の小説といえるでしょう。 (注 一人の作家が書いたものとしてはです。リレーで書いているものだとローダンシリーズが最長小説になるようです。) ←ラ…
トラックバック:1
コメント:11

続きを読むread more

神無き世界の英雄伝 鴨志田一著 電撃文庫・・・読書感想文紹介

神なき世界の英雄伝 鴨志田一著 電撃文庫を読みました。 買った動機は英雄という言葉に引かれたからです。 実は私、英雄・龍・ドラゴンという言葉に非常に弱いので(笑) この作家さんおそらく新人作家なんでしょうが、久々に力のある作品を読んだ思いがします。 ジャンル紹介 この作品はスペースオペラです。 スペースという…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

クラッシュブレイズ サイモンの災難 茅田砂胡著 中央公論新社・・・読書感想文紹介

今回は『クラッシュブレイズ サイモンの災難 茅田砂胡著 中央公論新社』の紹介です。 作者は先日紹介したデルフィニア戦記と同じです。 先日記事  最高に面白かった本のシリーズ 何故デルフィニア戦記の続きなの??  先日記事でクラッシュブレイズはデルフィニア戦記の続きだと書きました。 (あまり面白くないと…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

今まで最高に面白かったシリーズ『デルフィニア戦記』・・・読書感想文紹介

今回は今まで最高に面白かった小説のシリーズの紹介です。 一番面白かった本は?と問われれば間違いなくこのシリーズを言うでしょう。 以前も紹介記事を書きましたが、改めて紹介します。 その名も『デルフニア戦記』ってタイトルにもなっていますね。 以前の記事を書いた頃は、まだアクセスも少なくまた、記事の内容も薄かったので・・・ リ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

レンタルマギカ ありし日の魔法使い 三田誠著 スニーカー文庫・・・読書感想文紹介

レンタルマギカ最新巻が出ました^^ 前回、妖都の魔法使いで紹介しているので、作品紹介は不要かと思っていましたが・・・ 何と数行の記事でした(汗) それでも読みたい方はこちら↓  読書感想文(レンタルマギカ 妖都の魔法使い) 初期の頃はこんな記事の書き方していたんですね>< これでは、シリーズ読んでいる人しか意味がわか…
トラックバック:2
コメント:10

続きを読むread more

聖刻群龍伝 龍虎の刻 1 千葉暁著 中央公論新社・・・読書感想文紹介

や~~~~と出ました。 聖刻群龍伝 龍虎の刻 1です。 いや~本当に出るのが遅いですね。このシリーズ。 中々面白いのでファンの方も多いのではないでしょうか? シリーズ紹介 聖刻1092という操兵が出てくる物語の西方大陸編です。 聖刻1092とは操兵という巨大人型兵器が跋扈する時代に、主人公フェンが白の操兵に乗って…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

禁煙セラピー アレン・カー著 KKロングセラーズ・・・読書感想文紹介

禁煙セラピー アレン・カー著を読みました。 先日の禁煙宣言の後日談を含めて紹介したいと思います。 禁煙宣言 父の禁煙と私の禁煙宣言を参照下さい。 禁煙セラピー内容 原題『Allen Carr's Easyway To Stop Smoking』 原題の通り簡単に禁煙する方法について書かれている。 まず最初に…
トラックバック:3
コメント:13

続きを読むread more

『フルメタルパニック せまるニックオブタイム』 賀東招二著 富士見ファンタジア文庫

『フルメタルパニック せまるニックオブタイム』 賀東招二著 富士見ファンタジア文庫を読みました。 久しぶりの最新刊発売です。 このシリーズ非常に面白いので、まだ読んでない方は是非一度読んでみて下さい。 シリーズ紹介 ①登場人物 相良宗介  ミスリルの傭兵にて人型兵器アームスレイブのパイロット。社会的な常識を…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

『入門 催眠術!!』・・・昭和の家族の風景

『入門 催眠術』 この本を買ったのは小学校高学年の時。 ワニの豆本シリーズだったかと思います。 店のおばさんに『こんな本はもっと大きくなってから読みなさい』とまで、言われあきらめずに買った本です。 非常に面白い内容でした。 今は売ってないかもしれませんが、内容を紹介します。 (小学校の時に読んだ内容をいまだに覚えています…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

リアル鬼ごっこ 山田悠介著 幻冬舎文庫・・・読書感想文紹介

ひさびさにライトノベルではない小説を読みました。 その名も『リアル鬼ごっこ』 なんと200万部突破したそうです。 突っ込みところ満載なのであらすじから突っ込んでいきましょう。 ←ランキング応援お願いします。 あらすじ 西暦3000年  ん、未来の話か。 この王国は30世紀を迎えていた。建国以来、この国では目立…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

グインサーガ119巻 ランドックの刻印 栗本薫著 ハヤカワ文庫・・・読書感想文紹介

グインサーガ119巻 ランドックの刻印を読みました。 久々の読書感想文紹介です。 ←ランキング応援お願いします。 あらすじ グインがパロにいることを知ったケイロニアはすぐに迎えの軍隊を派遣した。 グインの記憶障害はパロの魔道技術を持っても回復せず、ついにケイロニアの面々とグインは再会を果たすことになる。・・…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

ザ・サードⅧ 迷宮の街の忘れ物 星野亮著 ファンタジア文庫・・・読書感想文紹介

今回はザ・サードⅧ 迷宮の街の忘れ物 星野亮著 ファンタジア文庫を紹介します。 このシリーズ私の中でも上位にランキングしているシリーズです。 興味のある方は是非読んでみて下さい。 シリーズ紹介 ①世界  大規模な戦争によって荒廃した世界。  そこでは天宙眼(第3の眼 額の中央にある)を持つザ・サードと呼ば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とある魔術の禁書目録(インデックス)15 電撃文庫 鎌池和馬著・・・読書感想文紹介

前回、歴史小説を読もうと書きながらまたしてもライトノベルです>< とある魔術の禁書目録(インデックス)15 電撃文庫 鎌池和馬著を読みました。 では、読書感想文です。 シリーズ紹介 前回14巻の記事でシリーズ紹介をしたつもりになっていましたが、してなかったようです。 このシリーズ、魔術師と超能力者が出てきます。 …
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

誰か Somebody 宮部みゆき著 文春文庫・・・読書感想文

誰か Somebodyを読みました。 たまには、ライトノベルを離れて本を読もうと手に取ったのがこれです。 選んだ理由は、作者名が有名だったこと。 本屋の週間ベストセラー1位だったことです。 それでは紹介します。 あらすじ  帯をそのまま引用します。  ごく平凡な事件が闇への入り口だった。  事故死した男の過去をたど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神代の国の魔法戦士(魔法戦士リウイ ファーラムの剣)水野良著 ファンタジア文庫

神代の国の魔法戦士(魔法戦士リウイ ファーラムの剣)です。 正月読んだ3冊の最後の1冊。本当にライトノベルばかりです。 シリーズ紹介 魔精霊アトンが復活した。 その復活を止めるべく、オーファンの妾腹の王子(バスタード)にして魔法戦士(ルーンソルジャーリウイ)は仲間とともに旅に出る。 作者紹介 ロードス島戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大伝説の勇者の伝説2(明日をも知れぬ大合戦)鏡貴也著 ファンタジア文庫・・・読書感想文

大伝説の勇者の伝説2(明日をも知れぬ大合戦)が早くも出ました。 相変わらず物語の核心に迫る部分も多かったですが・・・   ストーリー 前巻の最後で絶体絶命だったフェリスはどうなるのか? ライナとフェリスは無事ローランドを脱出することが出来るのか? キファが語るライナとシオンの秘密とは? 疑問形ばかりですみません。あまり書く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼくらの(alternative)4 大樹連司著 ガガガ文庫

ぼくらの(alternative)4 大樹連司著 ガガガ文庫を読みました。 遅くなりましたが皆様あけましておめでとうございます。 久しぶりの記事公開です。 正月暇だったので本を3冊ほど読みました。 これはそのうちの1冊です。 シリーズ紹介 このシリーズ初めて読んで思ったことは、『見もふたもない話』だなということ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鋼殻のレギオスⅦ ホワイト・オペラ 雨木シュウスケ著 富士見ファンタジア文庫・・・読書感想文

鋼殻のレギオスⅦ ホワイト・オペラ 雨木シュウスケ著を読みました。 では、恒例の寸評をば^^ シリーズ紹介  人は都市にしか住めず、また都市は自分の意思で動き回っている世界の物語。  都市の外は汚染獣が徘徊しており、汚染獣に対抗できるのは、武芸者と呼ばれる特殊能力者のみ。  元、グレンダンの天剣授受者の一人であるレイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゼロの使い魔13《聖国の世界扉(ワールドドア)》ヤマグチノボル著 MF文庫J

ゼロの使い魔13《聖国の世界扉(ワールドドア)》ヤマグチノボル著 MF文庫Jを読みました。 今回久しぶりのシリアスストーリーで面白かったです。 では恒例の寸評です。 あらすじ  今回からロマリア連合皇国(聖国)編です。  4人の虚無の使い手が遂に明らかになります。  その中で才人とルイズの関係は今回どうなるでし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

イコノクラストⅧ(8) 榊一郎著 MF文庫J・・・読書感想文

イコノクラストⅧ(8) 榊一郎著 MF文庫Jを読みました。 イコノクラストシリーズは、非常に面白いシリーズで隠れた名作ではないでしょうか? 今回8巻目、物語はクライマックスに近づきます。 《シリーズ紹介》  主人公香芝省吾はインターネットでオンラインゲームをするようなオタク少年。  ある日彼はいきなり、異世界に召還…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

グインサーガ118 クリスタルの再会 栗本薫著 ハヤカワ 文庫

グインサーガ118 クリスタルの再会 栗本薫著 ハヤカワ 文庫を読みました。 今回は面白い内容でした。グインサーガではたまに、こういう本のがあるのでやめられないですね~。 では、恒例の寸評です。 《あらすじ》  タイスを脱出したグイン一行は遂にリンダと再会する。  果たしてグインは記憶を取り戻すのか?? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狼と香辛料Ⅵ 支倉凍砂著 電撃文庫

狼と香辛料Ⅵ 支倉凍砂著 電撃文庫を読み ました。 元々このシリーズ電撃文庫の中で少し異色の シリーズです。 《シリーズ紹介》  時代背景は大航海時代のヨーロッパが  モチーフ  主人公はロレンスと言う商人。ロレンスが  神の眷属 賢狼ホロ(普段は人間の女性の姿  をしている。)と出会い、旅をしていく。  賢…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『とある魔術の禁書目録(インデックス)』14 鎌池 和馬著 電撃文庫

『とある魔術の禁書目録(インデックス)』14を読みました。 上条当麻がフランスにゆき、世界の暴動を止めようとするお話 では恒例の寸評をば 今回は色々な謎が提示され、前作13巻からの大きなうねり の中にある話になっています。 さてこのシリーズ、私の好きな本のシリーズのひとつです。 魔術サイト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラッシュブレイズ(夜の展覧会)茅田砂胡著 中央公論新社

クラッシュブレイズ(夜の展覧会)を読みました。 このシリーズは熊本では手に入りにくいので いつも予約してから買います。 それでは恒例の寸評です。 《寸評》 今回は、絵画『暁の天使』をめぐるお話。 リイの父であるアーサーが大活躍??します。 まあ、何と言うか相変わらずのパターンで ファン向けの1冊になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大伝説の勇者の伝説 1 鏡 貴也 著 富士見ファンタジア文庫

大伝説の勇者の伝説 1を読みました。 伝説の勇者の伝説全11巻の続きだそうで・・・ 何故、第2部なのに名前を変えるのか?意味がわかり ません。 おかげで出たのにしばらく気付きませんでした。 あとがきによると伝説の勇者の伝説はプロローグだった とのことですが・・・プロローグにしては長すぎじゃ・・・ また、前作読まなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RIGHT×LIGHT(ライト・ライト) 空っぽ手品師と半透明な飛行少女 ツカサ著 ガガガ文庫

RIGHT×LIGHT(ライト・ライト)  空っぽ手品師と半透明な飛行少女    ツカサ著 ガガガ文庫 を読みました。 第1回小説ライトノベル”期待賞”だそうで・・・ ストーリーはよくあるパターンの空から女の子が降ってきて とんでもない事件に巻き込まれるというもの。 主人公は右手を使い魔力を食らう。(と…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more