本当は怖い童謡③シャボン玉飛んだ・・・昭和の家族の風景・都市伝説シリーズ

さて、怖い童謡シリーズも第3弾となりました。
過去の記事は右上の目次の昭和の家族の風景の中にありますので興味のある方はどうぞ~。

最初に
『シャボン玉飛んだ』は今まで紹介したものと違いわりと由来がはっきりしています。
この歌詞の由来は最後で紹介しますが、これから紹介する解釈は私が誰かから聞いたものです。
本当の由来ではありませんのでご注意下さい。

歌詞
シャボン玉 飛んだ
屋根まで 飛んだ
屋根まで飛んで壊れて消えた
風かぜ 吹くな シャボン玉 飛ばそ

シャボン玉 消えた
壊れて消えた
生まれてすぐに壊れて消えた
風かぜ 吹くな シャボン玉 飛ばそ

ぞっとした解釈
これは戦争で焼死しシャボン玉のように軽くなった子供達のことを歌った歌。
その子供は風に吹かれて飛ぶほどに軽くなっており、屋根まで飛んでいって屋根にぶつかり壊れて消えてしまった。
風が吹くと新たな子供がシャボン玉のように舞い上がる。
風が吹かなければこんな光景を見なくていいのにという作者の思いが込められている。

本当の歌詞の由来
これは生まれてすぐに亡くなった子供の魂のことをシャボン玉に例えて歌ったものだそうです。
こう考えると歌詞全体に亡くなった子供への愛情が感じられますね。

最後に
由来が多少はっきりしている曲にさえ、このような変な解釈がつきます。
人の伝承というものは恐ろしいものですね。
今はやっているあの曲も数十年後には・・・・。
そういえば昔コマーシャルソングであまりにも怖い響きだったために悪魔の歌とされて放映が中止になった曲がありましたね。
出だしだけ覚えています。
『It’s a fineday・・・』

今日はいい日という歌詞が何故悪魔の歌に??
私も初めて聞いたときは不気味だと感じましたが、人の不安をかきたてるメロディーというのも存在するようです。



目指せランキング上位!!
記事読んでいただきありがとうございました。
人気ブログランキングに参加しています。応援クリック頂戴できると励みになります。
画像←ランキング応援お願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 47

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2008年11月13日 23:42
こんばんは。
この曲にそんな解釈があったとは驚きです。
子どもの頃、フツーに歌っていましたよ。
私も詞と曲を書いて虎龍さんのところで紹介してもらったら怖い歌の伝説になるでしょうか?(ならないって)
2008年11月14日 00:09
シャボン玉、こんな怖い解釈も成り立ってしまうんですね。
It's a fine dayの歌、覚えています。
2008年11月14日 01:34
この歌は私の好きな野口雨情のものですね。
彼の詩には悲しいものが多いです。
当時の状況を考えると仕方ないのかもしれませんね。
今ではそんな意味も知らずに、童謡となっていますけどね・・・。
2008年11月14日 09:35
子供が亡くなったというのは聞いた事がありましたが、焼死は初耳です。
色んな解釈があって面白いですね。
2008年11月14日 11:22
こんにちは、
いつもコメントありがとうございます。
この歌はよく、冗談で屋根まで飛んでの
ところを
屋根も一緒に飛んでいってしまったという話はきいたことありましたが
まさか本来の由来がそんなことだとは・・・
これが童謡だと思うとそっちもゾッとして
しまいます・・・。
さすがに今の子供にこの由来は教えづらいです。

ありがとうございました
今日もランキング応援ポチ!していきます!
またよろしくお願いします
ひー
2008年11月14日 20:38
復帰です。
『It’s a fineday・・・』ってどんなだっけ?
後で探してみます。
まぁ、表向きの解釈と本音の解釈があるかも知れませんからね。
意外と本当だったりしてね。

虎龍
2008年11月14日 22:09
>ふしぎ男様
意味を深読みするとなんでも怖い話になりますね。
後歌い方とかでも・・・
何か怖い解釈発明してください。
紹介します(笑)
虎龍
2008年11月14日 22:11
>桃源児様
Its a fine day 凄く話題になりましたよね。
不気味なメロディーでした。
ちょうどオーメンがはやっていたからかもしれませんが^^
虎龍
2008年11月14日 22:12
>たくたくろ様
さすが博学ですね。
変な解釈紹介してしまい申し訳ありませんでした。
虎龍
2008年11月14日 22:13
>ケロリーヌ様
本文に書いてある通り、子供が亡くなったからというのが本当の解釈です。
焼死の解釈は一体誰から聞いたんだろう・・・
覚えていません。
虎龍
2008年11月14日 22:15
>スーパーサイドバック様
特にこの歌は普通に歌うとただの明るい歌のように聞こえますよね。
私も本当の意味を知ったときは驚きました。
虎龍
2008年11月14日 22:16
>ひー様
何かのコマーシャルソングだったかと思います。
外人の女の子が白い布の中を動いていたような記憶が・・・
ティッシュの宣伝だったかな??
2008年11月17日 23:10
Its a fine day あれは、某大手製紙会社のティッシュ○ピ○のcmだったと記憶しています。
子鬼に扮した子供がティッシュと戯れるという映像だったと思います。
虎龍さんは何故あの歌が悪魔の歌と解釈されたのかご存知ですか?
私も常々知りたいと思っていたのです。
これは検索エンジンのご厄介にならなければなりませんね。
虎龍
2008年11月18日 02:30
>ByB様
私も一度調べてみます。
確かにふしぎですよね^^
2010年09月02日 19:34
お久しぶりです。以前Mikihoで、トラクバさせていただき、ありがとうございました。
別ブログで、怖い話のブログを始めましたので、またトラクバさせていただきした。
私は虎龍さんの、この記事を見て大変驚いたので、体感した話を書かせたいただきました。
新しいブログのURLを、リンクさせていただきましたので、よろしくお願いいたしますぅ。
虎龍
2010年09月02日 23:55
サラ様
早速トラバ読ませていただきました。
本当にふしぎな話ですね。
あ・・・。トラバの保留解除し忘れていました。
解除しておきます。
これからもよろしくお願いします。
ハリー
2010年10月31日 19:09
Its a fine day

あのcmはネピアだった
ようつべにあるだろう
虎龍
2010年11月01日 07:07
ハリー様
 はい別の記事にありますよ。
 残念ながら動画は消えてしまいましたが・・
2013年07月20日 16:10
初めて、「シャボン玉」の歌が、人間の命(人生)だったって、言う事が、ここのサイトで知りました!(何だか悲しくなって来ちゃいました。)2番に
「生まれてすぐに、壊れて消えた。」=
成長しなずに、幼いまま死んだって言う意味です。なんか、かわいそうですね。だけど、それとは、別で、最近、ダイソー(百円ショップ
ひゃきん)で、「割れないシャボン玉」or「割れにくいシャボン玉」が、あるじゃないですか、あれは、どうやって造られてるのか、気になります。
正美
2013年07月20日 16:14
このコメントは管理人によって削除
正美
2013年07月21日 16:39
本当は、怖い童謡 
「花いちもんめ」
「ちょうちょ」
「かごめかごめ」?
{番外編}
「森のクマさん」
「森のクマさん」は、実は、
ナンパの歌なんです!
(5番)
香織
2013年08月10日 21:29
えっ?!「森のクマさん」は、5番まで、あるんですか?!私、たった、1番しか、分かりません。ビックリしました!
2013年10月07日 18:25
正美さんのに、付け足しで、「童謡」と、言うより・・・
まりつき歌「あんたがたどこさ」も、怖いんですよ!
正巳(正美sとは全く別人です)
2014年10月18日 12:15
アルプス1万尺も、恐い

この記事へのトラックバック

  • シャボン玉飛んだ-本当は怖い童謡の実感

    Excerpt: これは私が3歳くらいの時に、童謡「シャボン玉飛んだ」の歌を歌っていた時に、私実際に体感した怖い話です。 私は生まれたときから体が弱く... Weblog: サラの魔女の月 racked: 2010-09-02 19:23