RIGHT×LIGHT(ライト・ライト) 空っぽ手品師と半透明な飛行少女 ツカサ著 ガガガ文庫

RIGHT×LIGHT(ライト・ライト)
 空っぽ手品師と半透明な飛行少女
   ツカサ著 ガガガ文庫
を読みました。

第1回小説ライトノベル”期待賞”だそうで・・・

ストーリーはよくあるパターンの空から女の子が降ってきて
とんでもない事件に巻き込まれるというもの。

主人公は右手を使い魔力を食らう。(とある魔術師の・・・)
少女は異次元からやってきて魔法を使う。(デーモンパラサイト・・・)
少女は半透明で少年の隣に浮いている。(アスラクライン・・・)
敵キャラは主人公にも少女にも因縁があり・・・
主人公が助けた別の少女が敵に回る(デーモンパラサイト・・・)

本当にどこかで聞いた設定ばかり。
それでもアレンジがうまい作品は面白いのだが、
この手の物語にしては、魔法の体系や世界設定が
甘いような気がする。
また、主人公の豹変ぶりも気になるところ。
(いきなり正義に目覚める)

まあ、話の展開は面白いし、一気に読めるので、読んで損はない
かな。(この話をシリーズ化するのは本当に難しそうだが)

新人の作者のようなので今後の作品に期待したいと思う。
(そういう意味で”期待賞”なんでしょうが)

作者の方へ
 上から目線ですみません。面白く読んだのは事実です。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

ケイスケ
2009年02月07日 21:36
ただツカサさんの書いた本に文句を言っているだけ
じゃないですか!!
虎龍
2009年02月07日 22:57
>ケイスケ様
 コメントありがとうございます。
ただ文句を言っているだけに見えたならごめんなさい。
ただ、あまりにも見た様な設定ばかりだったもので・・・
続編出ているようです。
私は読みませんが、ライトノベルあまり読まない人なら面白いかもしれません。
ケイスケ
2009年02月10日 19:22
虎龍さんの意見もわからないでもありませんが
ライトライトを読んで面白いと思った人が見たら
たぶん僕みたいに怒ると思いますよ。
ケイスケ
2009年02月10日 20:18
どうでもいい付け加えですけどケイスケでいいですから
虎龍
2009年02月13日 21:43
>ケイスケ様
本が面白いかどうかは、その人の置かれた状況にも左右されます。
この本は私の琴線には触れませんでした。
他の記事読んでいただくとわかりますが、もっとこき下ろしている作品もあります。
あくまで私見ということで軽くお流しくださいませ・・・。
ケイスケ
2009年02月13日 22:27
はい、僕も言い過ぎました。すいません
名無し
2012年01月07日 09:59
どうでもいいが、デーモンパラサイトとはデモンパラサイトのことだろうか?あれって確かTRPGだろう?リプレイの方ならなおのことたちが悪い。上からの目線はどうこう突っ込まないがパクリモノとして扱うのはいかがなものかと。そもそも「とある」自体がある種パクリモノとして扱えることに対し何の意を唱えることもないこの感想は冒涜以外の何ものでもないので謝る必要性はない。そもパクりなら既に訴えられていると思うが?文章的な類似があったか?描写はどうだ?単に誰かの受け売りで書いている感が否めない。小説好きと称するには感想が第三者観でない上に他者に影響を与える書き方であり、あまりに無知であり不快である。
虎龍
2012年02月26日 08:34
名無し様
デーモンパラサイトは小説でも出ていますよ。
最後に書いているように面白かったんだと思います。
ただ斬新ではなかっただけで・・・
第三者感ではないとは思いますが、あなたのコメントもどうでしょうか?
決め付け受け売り・・・
私と同じことをしていますね。
まあ、同類ということでしょうか?
名無し
2012年10月15日 00:20
いいえ断じて。個人の見解に他者の意見を含んでいないから同一では有り得ない。そもそも貴方の文章には比較しているようでいてただの批判でしかない。貴方は私の抗議文すらもまともに解釈できないような読解力だ。論点のすり替えにまるで的外れの回答。どこの差し金で他者を批判して喜んでいるのか知らないが貴方に文才がないのにそれを評価とされるような言い掛かりもとい、暴言を訂正願いたい。パクリの証明をしたいなら大正文学まで戻ればいくらでも出てくるだろう。切り離して考え、評価できない時点で間違っている。間違えを認めた上で反省して正しいレビューを書けない時点で貴方の文章は反論できない相手への、侮辱による言葉の暴力でしかない。もう一度問う。貴方は読み比べてそれを批評できるクラスの小説家か?それとも『あーこれ似てるー(笑)』の小学生か?
虎龍
2012年11月11日 17:16
名無し様
貴重なご意見ありがとうございます。
以後気をつけたいと思います。

この記事へのトラックバック