さえないお父さんの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「祝もものき事務所4」の感想[読書]

<<   作成日時 : 2015/08/14 21:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

茅田砂胡著中央公論新社発行の「祝もものき事務所4」を読みました。茅田砂胡さんは好きな作家のひとりですが、正直この本はいかがなものかと・・・。茅田砂胡さんへのエールも含めて若干酷評になりますが、レビューします。


祝もものき事務所4 (C・NOVELSファンタジア)
中央公論新社
茅田 砂胡

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 祝もものき事務所4 (C・NOVELSファンタジア) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


シリーズ「祝もものき事務所」とは?
「祝もものき事務所」はスーパーウーマンキャラが多い茅田砂胡さんの作品群の中では異色の何もできない男性「百之喜太郎」が主人公の探偵小説です。この百之喜太郎本人は意図せずに事件の核心に迫るという特殊能力の持ち主です。確か彼の活躍?によって難事件が次々と解決するような展開が1巻から3巻だったと思います。それはそれなりに面白い物語だったように記憶しています。

「祝もものき事務所4」(注)ネタばれ含みます。
さて4巻です。主人公が新幹線を乗り間違えているところから物語は始まります。
今回もものき事務所にはじめての依頼人が現れます。依頼内容はなんと「依頼内容がわからない。」という依頼。
果たしてこの小説史上まれにみる依頼を主人公百之喜太郎がどうさばくのか?いつもながら強烈なつかみで物語は始まります。

その後、物語の舞台は大金持ちの家のお家騒動に写ります。謎が謎を呼ぶ展開。茅田砂胡さん得意のスーパーウーマンも出てきます。(3人出てきてみんな同じキャラだと思ったら、最後は家族だったというどんでん返しがついてきました。)目を離せない展開はさすがでした。

・・・さて、何が書きたいかというと主人公は全く何もしていません。全巻までにあったような事件の核心を意図せずにつくような突飛な行動もしません。別にいなくてもよかったんじゃ?事態を解決収集したのは、主人公とそれを取り巻く一行ではなく、お家騒動の起こった家の人たちなのでした。

この本の評価
さすがにこれはよくない。人間ひとりでいることが一番よくない。サマーウォーズのおばあちゃんの言葉が思わず出てしまいました。設定が若干似ているからかもしれません。最近、茅田砂胡さんの新作はあまり面白くないものが続きましたが、これは極めつけです。このような物語ばかり書いていると、今後続かないのでは?と心配してしまいます。「デルフィニア戦記」や「スカーレットウィザード」に代表される強烈なキャラクターが織りなす痛快な物語を書いてくれることを切に願っています。

  広告


  このブログの過去記事です


  総合目次へ
   ・総合目次です。

  我が子の今日の一言へ
   ・昔の我が子の一言集。くすりと笑えます。

  昭和の家族の風景へ
   ・思い出話。いろいろな話があります。

  読書感想文へ
   ・本の感想記事です。おすすめ本など載っています。

  エクセルの便利技へ
   ・エクセルで知っておくと良い知識。便利技です。

  買った商品の寸評へ
   ・買った商品の寸評ページ。いろいろな商品を載せています。

  目指せブログの女王!?へ
   ・アクセスアップのための秘訣。若干古いかも・・・

  目指せアフェリエーターへ
   ・アフェリエーターを目指した時期の雑記録。役にたつ情報も中には?

  エターナル(自作小説)へ
   ・自作小説です。完結しませんでした><

  都市伝説・怖い話へ
   ・都市伝説怖い話特集。結構息の長い記事が多いです。

  お役立ち情報へ
   ・記事数は少ないですが経験からのお役立ち情報です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

人気記事ランキング

日本ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
「祝もものき事務所4」の感想[読書] さえないお父さんの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる